浮気調査料金の相場

浮気イメージ
浮気調査料金の相場はどのくらいなのでしょうか。
一般的にいって、30万円程度~150万円程度の範囲が比較的多いケースと言えると思います。 しかし、相場といっても浮気をする日程が絞り込めていたり、相手が分かっているケースなどではもっと安くつく場合もあります。
1時間あたりの調査料金の相場は、1,5万円~3万円前後です。
また、調査料金は時間単位か1日単位(これも、何時間以内か決まっているところが殆どです。) これらを理解した上で、異常に安い料金のところや高すぎるところは避けるようにしましょう。 一見安い浮気調査料金に見えても、1名で行っていたり、1人あたりの金額しか記載されていない場合があります。 総額を確認するようにしましょう。
また、金額だけに惑わされず、その内容や質もきちんと見た方がいいのです。
安いところはアルバイトや、外注を使っていたり人員をごまかしているところもあるので避けましょう。 質や内容の見極め方については、浮気調査料金を参考にしてください。
浮気調査料金の相場を把握し、安物買いの銭失いにならないよう細かい点まで確認するようにしましょう。

低価格の浮気調査

低価格で浮気調査を行うにはどうすればいいかという点は非常に気になると思います。
低価格に行うためには、行う日数を少なく絞ったり人員を減らすということが考えられますが、質を落とすのは問題です。 浮気調査を滞りなく行うために必要な人員はそれぞれの状況により異なりますが、対象者が女性の場合は女性調査員がいた方が良いですし、 移動手段に応じても適した移動手段を用意する必要があります。
勤務先が大きなビルだったりする場合は、出口の数に合わせた人員を減らすことは無理があります。 低価格に抑えるためには、他の部分で工夫が必要になります。
低価格と、激安は似て非なるものです。
浮気調査は、調査員の腕や撮影に必要な機材など一定の質は必要であり、激安でできるものではありません。 低価格というのはきちんとした質が伴って、良心的な価格で実行されることを指すと考えてください。 浮気調査を低価格に行うには、探偵社側と依頼者側の協力体制やきちんとした打ち合わせがまず必要です。

浮気調査の成功報酬制

成功報酬や完全成功報酬を謳っている探偵社もあるかと思います。
しかし、浮気をするしないは対象者次第であり請け負う側が制作物や商品を作るものではなく、 対象者の行動により決定されるものが本当に成功報酬制や完全成功報酬制で調査を請け負うというのは仕事として成り立つはずがないのです。 また、探偵社側にしてみれば実際に対象者が浮気をしているのか、しないのかは調査してみないと確証が持てない点でもあります。
また、浮気をしているか、しないか確かめたい方もいらっしゃいます。
浮気をしていたら成功報酬というのは、探偵社側の手柄ではなくあくまで結果なのでそれに対しての成功報酬という概念はおかしいのです。 浮気調査の期間中、対象者が浮気を行うかどうかは依頼者側もわからない以上、成功報酬制で依頼できればいいと思うのは当然だと思いますが、 浮気をしないかもしれないリスクは怪しい日時を絞るなどして減らすようにした方が懸命です。
耳障りの良い成功報酬という言葉に騙されないようにしましょう。

浮気調査の経費について

浮気調査の経費として、時間単位や日数単位でかかる基本料金以外にかかるものとしては車両代 (車、バイクが必要になった場合や、対象者がタクシーに乗った場合など)や現地までの交通費など移動にかかる経費、 及び対象者と一緒に飲食店に同行し浮気調査する場合の実費などがあります。
見積もり時に判明する分の経費と、現場で必要になる経費とそれぞれ考えられますが、こうなった場合はこうしよう、とある程度事前の打ち合わせで決めておくことが必要です。
交通費については、以下を参考にしてください。
浮気調査における交通費とは、主にその地方へ行くための移動費用を指して言われることが多いです。
浮気調査を検討される上で、地方に居住されている方は交通費が気になってなかなか依頼しづらい、交通費の点で不利に感じる点があると思います。
浮気調査を手がける業者の多くは、東京に集中しています。
浮気調査を以来したいが、交通費がよけいにかかるのは嫌だ。
浮気調査を検討する際の相談者の心理を悪用して、全国に支社があるように見せかけているところが多いのです。 もちろん、本当に浮気調査を行うスタッフが常駐している支社が実在しているところもあると思いますし、全部がそうだというわけではありません。
浮気調査の交通費がかからないと思って依頼したら、調査員は東京から来るので費用は東京からの計算になると言われたという苦情をよく耳にするのも事実です。
近くに支社があることを見つけ、喜んだのに実際は…。
浮気調査を請け負う業者は無数にありますが、本当に支社があるのか、単なる名前だけなのか、住所が末尾まで書いてなかったり、 レンタルオフィスに置かれていたりしないか確認しましょう。
一番分かりやすい調べ方としては、浮気調査を行えるスタッフが本当に実在しているのであれば、 東京、あるいは別にある本社からスタッフが来る必要はないといえると思います。
浮気調査を行う業者が、実在しないのに複数の支社と名乗るのも大きな問題だと思いますが、依頼者の方も、交通費にばかり気を取られていると、 そのような嘘を見抜けないので冷静な目で見る必要があると思います。
実在しない支社を謳っておりませんので、全て東京から調査員が現地に伺う形になります。 浮気調査の交通費において、確かに東京の案件に比べて不利であることは否定できませんでしたが、 地方と東京の費用格差をなくすために、新サービスを明確化しました。
浮気調査の交通費の部分は、実費としてかかってしまうので割引することはできませんが、調査費用を割引させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です