浮気と離婚

浮気イメージ
浮気と離婚は切っても切り離せない関係にあるといえるでしょう。
浮気=配偶者の不貞ですが、これは原因の中でも大きな割合を占めます。
民法770条の第一項でも
配偶者に不貞な行為があったとき。
配偶者から悪意により遺棄されたとき。
配偶者の生死が三年以上明かでないとき。
配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込がないとき。
その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
夫婦の一方は、上の場合に限り、離婚の訴を提起することができる。
と定められており、不貞は最初に定義されているようにもっとも大きな理由とされています。
協議離婚(お互いの話し合いのみ)で離婚できれば良いですが、調停離婚、審判離婚と進んでいくと 浮気=不貞の証拠がないと不利になります。
離婚は、事前に浮気の証拠を入手し財産についてもきちんと把握しておいた方が圧倒的に有利になります。 離婚したいが、理由がないという場合でも素行調査の過程で浮気が発覚することもあります。
離婚をお考えの方、浮気の証拠を入手したい方は無料相談までお問い合わせください。

浮気の慰謝料について

浮気の慰謝料についてです。
浮気の慰謝料の相場としては100~200万円程度が多いと言われています。
慰謝料請求については、相手の経済状況なども踏まえていくら請求するかを決めていくので弁護士の先生と打ち合わせした方が良いですが、 証拠がないと動けないケースが多くあります。
浮気の慰謝料請求をスムーズに行うためには、やはりしっかりした証拠が必要になります。 浮気を認めているからといって、相手が言動や態度を後で変えてくることは残念ながら多いのです。 慰謝料やその後の話し合いをスムーズに進めるためにも言い逃れできない証拠を押さえておきましょう。
また、浮気の慰謝料請求にも時効があります。
気持ちとしては時効も何もないというところだと思いますが、法的に浮気相手や浮気をした配偶者に慰謝料請求ができるのは3年と言われています。
慰謝料請求を考えていなくても、後で気持ちが変わることがあります。
時間が経ってからでは浮気をした側も罪悪感が薄れ払ってもらえなくなる可能性も高くなるので早めに動いておくにこしたことはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です