浮気相手の特定

浮気イメージ
浮気相手の特定については、ご自分でできる部分と探偵社に依頼した方がいい場合があります。
浮気相手の特定がもう既に目星がついているのか、全く分からないのかによっても変わってきますので、 浮気調査を依頼する前に探偵社には詳しく状況を伝えた方が良いです。
浮気相手の特定を自分でできれば確かに費用はかからないかもしれませんが、警戒されたり、調べていることがばれてしまうこともあります。
浮気相手の特定については自分で判断して勝手に動かず、浮気調査を依頼する探偵社との共同作業によりうまく役割分担をしていくことが有効です。
浮気相手の特定に有効な情報としては、名前や顔写真、携帯電話の番号や勤務先など具体的な固有名詞が分かると役立ちます。
また、いつ会っているかの日時が特定できるのも役立ちます。
全く相手の情報がなかったとしても、尾行、追跡により特定させることは可能ですので諦めずにご相談ください。 慰謝料を請求する場合の浮気相手の特定調査としては、最低限相手の住所、氏名は必要だといえます。 浮気相手の特定ができていないと、内容証明郵便で慰謝料請求したりするのに住所、氏名が分からないと出せないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です