男性の性生活抑制の結果は深刻

私達は知っていて、今はほとんどの勃起薬学術観点と宣伝も論じたあまり頻出の性生活を促すかもしれない男性慢性前立腺炎の発生と発展、人々に注意し過ぎないように「見える」をしないように、自分の体の健康。

はい、この観点は間違いがないです。しかし実は、もし長期夫婦生活も同じですが、慢性的な前立腺過形成の原因。私達は知っていて、男性のザーメンを中から、睾丸の精子から、精嚢の分泌液だが、もっと多いのはから前立腺の前立腺液。これらの液体はすべて精嚢、共同で精液を構成する。

男性が比較的に長い時間内射精行為が発生しないとき、精嚢続け、溢れるハイテンション状態。一方、正常性機能のある男性は、有性性衝動的衝動の発生。生殖システムは毎回性衝動に従って変化が発生するとともに。例えば各種関連腺の分泌が増加し、血管拡張症。性衝動が発生後、高潮に達しない場合、前立腺部位は会長の時間を充血します。主観的に自分の性衝動を抑制するため、発生性行為。極度に興奮することができませんため性後が吐き出す時、前立腺の部位に会長時間充血、は前列腺に悪影響を及ぼす。このように、繰り返しの性衝動を繰り返し前立腺部位充血して、またできないで充血に排水ない消えて、月日のたつが前立腺の増殖を促進させる肥大、前立腺炎の症状。

慢性の前立腺炎をわずらって男性に対し、知ったこの道理を身につけることができ、面白い生活の週波数はできません「思う存分撒欢」もできないし、長期禁欲、掌握するので。

本文の原始URLから日本人の浮気・不倫率チェック、転載は明記してください