浮気の慰謝料は、社内不倫相手にも請求できる

浮気の慰謝料は、社内不倫相手にも基本的に請求できます。ただ、どんな場合でも請求できるわけではありません。慰謝料請求は、法律的にも難しいものがあり、簡単に考えてはいけません。

社内不倫相手に慰謝料請求できるかどうかは、故意、過失があるかどうかが1つの判断基準になります。社内不倫の相手にが結婚していることを知っていて、肉体関係を持てば、過失があったと判断されます。

つまり慰謝料を社内不倫相手に請求する場合、本人が婚姻関係を知っていたかどうかが大事です。お互いの素性をまったく知らないまま肉体関係を持ったような場合、慰謝料は請求できない可能性があります。

また、夫婦の仲が悪くて共同生活がすでに破綻しているような場合、婚姻関係が破綻しているとみなされます。

そうした状態で不貞行為があった場合は、慰謝料請求が認められません。婚姻関係が破綻しているどうかは、基本的に別居の有無で判断します。

家庭内別居している状態でも、社内不倫の相手への慰謝料請求は難しくなります。また慰謝料請求には時効があり、3年を過ぎた場合は時効成立となり、慰謝料請求ができなくなります。

本文の原始URLから日本人の浮気・不倫率チェック、転載は明記してください